結婚相談所にも、様々なタイプの団体があります。ネット広告やテレビなどで営業を行っている団体は、「(正)会社員」「病気や障害を持っていない健康な方」の条件があり、さらに月払いの経費と入会金やパーティー費など、男女等しくお金が必要になるのです。これを最低限、クリアーできれば向いています。

ただ、パーティー等のイベントはお得な特典ですので、向いている方には楽に相方を探すことができるでしょう。だいたい、こういう場はお酒や、お気に入りの料理を会社側が準備しているのです。従って、早い人はこれがきっかけで結婚します。

もし、団体の用意したディスク上でのお見合いばかりでは、そこの結婚相談所は向いてませんね。信頼や実績があっても、男女の相性の判断は日常生活に近い場面でなければ解りません。言葉で話しただけの結婚相談所をあなたが求めているのなら、別の結婚相談所に変えましょう。最初に言った条件がクリアーできれば、あなたは相談所を利用する資格があるのですから、何件かトライすれば成功します。

 

理想の強い方は結婚相談所には向いてませんね。確かに、理想の方に出会えるサービスを提供する団体もあるでしょう。でも、成功する人生が実らなければ、相談所を利用した意味がありません。

あなたは恋愛できるチャンスがないから相談所を利用しましたと言うのなら、なぜ恋愛チャンスがなかったのかをまず、考えてみてください。おそらく、異性を引く魅力がないか、あなた自信の人間性が幼稚過ぎるかです。そのようでは相談所の利用には向いてませんね。諦めて、独り暮らしをしてください。または、ハンターになって異性を手当たり次第、口説いてみてはいかがでしょう?ま、ストーカー扱いにされ社会問題視されるのは目に見えますよ。

人間性に優れ心が安定し、異性に対する一切の好き嫌いがないかたは自然に結婚が望めるでしょう。そういう人は、相談所を利用する意味もないので「向いていない人」といえます。本当は、常に自分磨きをしているのならば相談所も要らないはずなのです。